HOME 事業概要/お薬手帳について

お薬手帳について

「お薬手帳」に、これまでかかった病気や、過去に服用したり現在使っている薬の名前、アレルギー歴、副作用の経験など、その方の薬とからだに関する情報を記載できるようになっています。これらの情報があれば、初めての医療機関で薬を処方されたとき、すでに服用している薬との飲み合わせや同じ作用の薬が処方されていないかをチェックすることができます。同じ効き目をもっている薬を服用した場合、効きすぎの副作用が出る危険性もあり、このチェックは薬を安全に使うためにはとても重要なことです。

薬の飲みあわせのチェックに活用

複数の病院にかかって多くの薬を処方されていたり、市販薬を買って飲んでいる場合、薬の飲み合わせによっては効果が強く現れて副作用が出たり、逆に効果が弱まってしまうことがあります。お薬手帳を事前に見せて、医師や薬剤師に薬の飲み合わせをチェックしてもらいましょう。

以前、飲んで合わなかった薬のチェックに活用

薬を飲んだときに副作用が出たり、合わないと感じることがあった場合、その薬とそのときの症状などを書き込んでおきましょう(もしくは、書いてもらいましょう)。いつもと違う病院や薬局でお薬手帳を見せて、あなたに合わない薬を事前にチェックすることができます。

症状の変化のチェックに活用

薬を飲んだ時の症状の変化を記入しておきましょう。例えば、「この薬を飲んだら良く効いて楽になった」「だるくなった」「湿疹ができた」「眠くなった」など、細かく日記のように書いておきましょう。また、次回受診するときのために、相談したい内容を書いておくことをオススメ致します。